とりあえずお金は溜めておくと、のちのち助かるので毎月少しでも貯めるようにしよう

ギャフンと言わせたい…

ギャフンと言わせたい…兼業主婦です。夫や家族に対して上げ膳据え膳の生活…「お茶」といえばお茶を出し、食事の前には必ず呑むのでアテを出すところから「飯」と言われてから食事を運ぶ。家族全員が帰宅する前にお風呂の仕度はもちろん、着替えもたたんで脱衣所へ。夫は外で働く以外は何もしません。そんな生活を20年間続けてきました。子供は2人。子育てについても…何か問題を起こしても「俺は見ていないし、その場にいた訳じゃないからわからない」とノータッチ。しかし先日、私が体調を崩しながらも朝早起きし、朝食・昼食・夕食まで仕度し…そのまま寝室へとんぼ返りした時から、食器洗いと掃除機をかける事をやってくれるようになりました。このまま黙って続けてもらおうと、この2つだけは現在も手をつけずに、ここ数週間主人任せです。先に記述しましたが、兼業主婦です。週3日だけですが、働いています。残業もあり疲れて帰宅したある日、私以外の家族はみんな帰宅していました。仕事の日は、朝一お弁当の準備と一緒に、洗濯も、お風呂の仕度も、着替えの仕度も、全て済ませてから仕事に出ていますので、帰宅後は夕飯の仕度だけ。しかしこの日は、次男が学校でケガをし途中仕事を抜け病院へ走り、一旦帰宅後、また職場へ戻るという、私的にはなかなかハードな一日。お弁当箱を洗っていた主人に「今日は疲れた…」とポロッと愚痴った私が悪いのでしょうが…「疲れているのはあなただけではないから」と言い返されてしまいました。労いの言葉はないのかと…20年間、主人が働いてくれているおかげで生活ができていると思い、愚痴1つ言わず尽くしてきたつもりなのですが…主人に洗い物をしてもらっている時点で、私が悪い事は100も承知です。でも…ギャフンと言わせたい…です。長い愚痴ですみません。最後までご拝読ありがとうございました。毎日、お疲れ様です。いろいろな方への返信なども含めてすべて拝読させていただきました。あなたが頑張っていることは、誰の目にも明らかです。ちなみに食器洗いと、掃除機をかけるようになってくれたとき、あなたは何かご主人に声をかけたのでしょうか?

もう疲れた・・・

よろしくお願いします。20代後半男性です。最近、身体的にも精神的にも疲れてしまいました。20代後半にして過去の外傷が原因でてんかん発生一生、仕事、お酒の制限をされる薬の影響か、眠れない昼間おきてられない頭は働かないうつ病もなおらない一方で、社会には色々な悲惨な事件が起きており自分も何とかしたいという気持ちがある過去のトラウマがこのような状況で発生色々なことに対する恨みや悔しさまた被害妄想も含め精神をかき乱します。頭を整理したい。しかし、頭は働かない体力もついていかない社会の出来事に無関心でいればいいのでしょうか?自分のこと周りのこと過去のことに囚われる自分将来への不安考えがまとまらず苦しいです。一体どうすればいいんでしょうかもうわからないです。社会に必要とされてないんでしょうか?もういっぱいいっぱいです。自分のキャパはこの程度らしいです。修羅場を乗り越えてこられた方、アドバイスをください。私も、てんかんです。インフルエンザ脳症にかかり、その後遺症で、後天性てんかん、とおつきあいを10年以上している、31歳の専業主婦です。あなたの気持ち、分かるような、分からないような・・・。自分だけ、あなたは、苦しんでいると思っていません?私も、人のこと言えませんがね、というか、言えませんでした。もう、ずっと入退院の繰り返し。最悪でした。薬にもなかなかいいのに出会わず、発作の繰り返し。もう、本当に、私だけが苦しんでいると思っていました。でも、私の場合、通院している病院は、ずっと変わらず、主治医もかわりません。でも、普段は、担当医に診てもらっているので、ちなみに、大学病院ですので、よく、Drが、変わりました。けど、その中のDrの一人を信じることができ、そのDrの薬の変更(当時は、まだ、日本で認可されていない薬)を服用した結果、発作も落ち着いてきてきました。もちろん、毎日、3回の服用を余儀なくされています。また、入院中に、精神科のDrとも出会うことができ、すべて、いろいろなことを話すことによって、気持ちも楽になってきました。確かに、病気をすることにより、私は、会社を退社し、アルバイト生活も経験しました。けど、病気が知られると、即クビになること、多々。もう、精神的に疲れました。けれど、割り切りました。もう、今の医学だと、はっきし言って治らない、完治しない。それならば、病気と友達、仲良くするしかないと、考えなおしました。その後、確かに、Drなどの治療のかいもありましたが、いろいろ話を聞いてくれる恋人、友達、家族を信頼し、すべてを話ました。そして、私は、恋人と結婚することができました。彼は、私が、てんかん、に、なってから知り合い、私の悲惨な姿を知っていて、結婚してくれました。また、引っ越し先などでは、すべてのことを話、いざという時には、助けてもらうようにしています。その結果でしょうか、人前で、堂々と薬を飲むこともできるようになったし、明るく生活できるようになりました。病気になってからも、好きな海外旅行にも、Drの診断書(英語文の)を持ちながら行ったりして、楽しんだりしています。また、長期の薬の服用で妊娠が大変だと、言われましたが、少しずつ、薬を体から抜かす治療を数年し、危険を承知で、赤ちゃんを授かりました。自分ばかり、と、後ろを向いて生活すると、疲れますし、ろくなこと考えません。もう、自分はこうなんだ!、と、自覚して、前向きに向かっていくべきです。そうすれば、いろいろな人にも出会え、また、手助けなどしてくれます。でも、すべての人が、病気のこと理解してくれるとは、思ってはいけません。変な目で見る人も、いないわけではありませんが、そんなこと気にしていたら、やっていけません。まずは、自分が、よく病気を理解する、そのことから始めることです。

夫婦別姓の子供は??

夫婦別姓の方に質問です。子供はどちらの姓を名乗っていますか?私の場合、泣く泣く夫の姓にさせられました。病院で手続きをするとき、内緒で登録してやろうかとも思いましたが、そこまではできず。。。子供を産んですぐとられた気分でした。大きくなった時に、ママは自分の親じゃないんだろうかとか、一緒の家族ではないと思われるかもしれないと思うとつらいです。でも、夫の姓にするつもりはありません。夫も私の姓にするつもりは絶対ないと断言します。別姓で子供の居る方、教えて下さい。我が家は我が家は第一子は妻の姓、第二子は夫の姓です。ただし、第一子の親権者は夫、第二子は妻です。再来年ぐらいに第三子を計画中ですが、こちらは妻の姓で親権者は夫になるでしょう。家族内で別姓であっても、何ら困ることはなく、よく事情は説明してあるので、子供も自然に受け止めています。「私は△△花子です。4歳です。こちらは弟の○○太郎です。1歳です。パパとママは違うお名前なの。」なんて言っています。研究機関が集中する所に住んでいるせいか、保育園には、国際結婚でカタカナ姓のお子さんあり、ミドルネームありのお子さんあり、夫婦別姓のお子さんも複数あります。別に意識するほどのことでもありませんよ。

旦那の家族について相談です

旦那の家族について相談ですわたしは精神科に通う子持ちの主婦です今年の五月入院していたのですが、外出時に義理家族とお祭りに出掛けることになりました。その時、甥っ子(小学高学年)に、「(私)は何科に入院してるの?」私「精神科っていうところよ」甥「そこって頭がおかしい人がいくところなの?」私「んー、、心が疲れた人がいくところかなぁ、わたし頭がおかしいように見える?」甥「見えない」という会話がありました。小学高学年の子供がそんなこと言うって、絶対義理家族がそういう会話をしてるってことですよね。入院の間、子供を預かったくれていたり、お世話になったのは事実ですが、わたしの実家が県外で母も仕事をしているのもあり、義理家族しか頼れませんでした。それで、そんないわれかたをしかも甥に聞こえるように話していた彼らが信じられません。その後、あなたは自分勝手ね、息子はこんなに我慢しているのに!と言われたり、あいさつしても無視されたりしました。義理家族は結婚資金にするはずだった車の下取りを、義理姉が買い取ると言い出し、実際お金はくれましたが、結局車を交換しなくていいからお金を返して欲しいといわれ、抗議すると義母は(私)と結婚したのが間違いだったとよ!と、旦那に言ったそうです。わたしはこの先、この方々とうまくやっていける気がしません。私の感じるところ、相手の感じるところとあると思いますが、わたしはそんなに義理家族に悪いことしてますか?義家族が話していたかもしれないけど、小学校の高学年になれば、精神科がどういうところかだいたい想像できるでしょう。義家族が言ったかどうかも分からないのに、そう決めつけているのは病気からくる被害妄想ですか?そんなに義家族を疑うなら実家に帰るなりして頼らなければ良いのですよ。自分が入院する時は頼っておきながら、退院したら感謝の気持ちもなく「こんな家族とは付き合えない」なんて言うような嫁とは義家族も付き合えないでしょうね。結婚したのが間違いだったと言われても仕方ないんじゃないですか。

これがこの夏一番疲れたこと!(主婦のシリーズvol18)

こんばんは、いつもお世話になります。会員暦10ヶ月の、相変わらずパソコン苦手な44歳独身男性です。夏もそろそろ終わりですね。お子様がいらっしゃるご家庭では、長い「夏休み」でした。また、旦那様のお勤め先の「お盆休み」などで、お出かけになったご家族もお有りでしょう。「主婦に休みは無い」とも聞きます。以前、ゴールデンウィークで一番疲れたことをお聞きしましたが、今回は、その「夏休み版」です。主婦の貴方が一番疲れたとお感じになったこと、差し支えが無い範囲でご披露いただければ幸いです。お子様がいらっしゃらない奥様のご意見も歓迎します。よろしければご教示ください。つたないお返事しかできませんが、明日より随時させて頂きます。また、遅れる場合も有り得ますので、悪しからずご容赦頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。帰省した実家で、大型冷蔵庫の中と台所にある、賞味期限切れの食品を処分整理したことでしょうか。「家族に不幸があったり、一家の主婦が病気で入退院を繰り返したりなのでは無理もないし、普段不義理しまくりなので、これぐらいは!」と思っていたのでその作業自体は全く辛くはなかったのですが…生ゴミになったものを片付けてる最中にも、勝手の判らない台所でご飯のしたくや後片付けするのが疲れました。広いわ、食器洗い機・洗濯乾燥機はあるわ、色々便利な料理道具は揃っているわ…な家なんですが、「遠くて年1回帰れるかどうか」な夫の実家の台所は「どこに何があるか」判る前に、帰宅の日が来ます。お義父さん、お義母さん、義妹さん、すいません役立たずで…と帰りの飛行機の中で自己嫌悪でした。

夫婦別姓法案

日本は少子化によって今後大幅に労働人口が減ることが確実視されている一方で、高齢化が進むため、近い将来日本が破綻する危機にあります。これに対応する策として、ダイレクトに少子化を抑制する試みが行われては来ましたが、さほど効力をあげていません。一方、別の方策として男女共同参画を進めることによる労働人口増加によって、これらの問題を小さくすることも考えられてきていますが、これまでのところ抜本的な解決がなされているとは言い難い状況にあります。これに対して、大きな突破口として考えられるのが夫婦別姓法案ではないでしょうか?大きな理由は2つあります。一つ目の理由は、女性が結婚・育児後も働くにあたっての働く意欲を考えた時、夫婦別姓は不可避、ということです。いかに通称利用が認められたとはいえ、それはあくまで通称利用であり、家庭での名前と職場での名前の遊離は、働く意欲を大幅に減退させるものです。夫婦別姓により、自己の名前を使用し続けることができる、というだけで、男女共同参画の推進を大幅に強化できることは想像に難くありません。さらに、それによって結婚や育児後も働く女性が今後増えれば、直接は関係のない夫婦同姓を望む女性も、社会進出を促すことでしょう。女性も働くことが常態化することで、家庭の家計もより安定化し、より多くの子供を望む家庭が増えることが期待できます。実際、米国等、夫婦別姓を認める国では、それが労働人口減および少子化阻止につながっています。もう一つの理由は、結婚数の増加への貢献です。そもそも少子化の理由の一つが結婚の減少にあります。これに対しても、夫婦別姓を認めれば、そのことが理由で結婚できなかったカップルだけでなく、その他の多くのカップルに対しても、結婚への心因的なハードルを下げることができ、それによって、少子化を踏みとどませることができると考えられます。みなさん、どう思われますか?レッテルは大事だがメインではないトピ主さんの意見に欠けているのは、法的には存在しないのに未だに国内に蔓延る「家制度」でしょう。小町でも時々、「苗字が○○になったのだから」が嫌、という話が出てきますが、仮に別姓での婚姻が成立したとしても、「苗字はともかく、あなたは○○家に嫁いだのだから」という主張をする義両親は相当数存在するように思います。法的に否定できても、実運用に至るのは程遠いでしょう。その程度なら、現行民法になった時点で制度崩壊しているはずです。婚姻数の減少の主因は、さまざまな意味でのライフスタイルの変化と思います。以上から、夫婦別姓に反対するつもりはないのですが、お説ほどの実効性はないだろうな、と思います。

コメントは受け付けていません。